上手な摂り方について

青汁の効果的な摂り方とは、食物繊維だけでは足りないものを補ってあげて、総合的な栄養バランスを上げてあげるところに意味があります。

カルシウム不足な方はヨーグルトや牛乳と一緒に摂ったり、肌荒れ対策に100%ジュースの中に混ぜてビタミンCやB群も一緒に補給するなど工夫もできます。
自分に普段足りていないと思われる青汁の栄養素と一緒に摂ってあげれば、抗酸化作用や老廃物を排出する作用などが期待出来て良いでしょう。

こちらのサイトの青汁グリーングリーンの紹介ページも、是非ご覧になってみてください。

とにかく私たちは日頃からインスタントものなどに頼りやすい生活を送っていますから、少しでも自然由来の食品を口にすることで身体の内側からすっきりとさせたいものです。

ビタミン以外には、緑茶の中に含まれるカテキンという成分も青汁にプラスしてあげたいものの一つです。
カテキンはポリフェノールの一種であり、血中コレステロールを低下させて動脈硬化の予防や、抗酸化作用として活性酸素を除去する効果などもあるので生活習慣病の予防から総合的な老化対策にも効果を見出すことができます。

また、カテキンには肝臓の中で脂肪を燃焼しやすくするはたらきがあります。
そのため、食物繊維の摂取に合わせて体脂肪や内臓脂肪を抑制する嬉しい効果もあります。
青汁にはhttp://www.e-guru.org/にもあるように
食物繊維が豊富に含まれておりますので、緑茶をブレンドすることによってダブルの効果で肥満予防にもなります。

栄養のバランスがバッチリとれる組み合わせとしては、青汁と牛乳などもおすすめです。
青汁特有の風味も牛乳のまろやかさによって目立たなくなり、味としても非常に相性が良いだけでなく身体の組織を構成するのに欠かせないカルシウムをしっかり摂ることができます。

飲み物に混ぜるだけでなく、シチューやグラタンなどの食事に混ぜ込むことでも栄養価がバランス良くなり、さらに様々な食材が持つ栄養素をまんべんなく吸収できるのでおすすめです。
健康への道は毎日の青汁から。
色々と工夫をして習慣にしてみてはいかがでしょうか。

こちらのサイトの果物と青汁で摂取のページも、大変参考になるかと思います。
お勧めのサイトです。

▼青汁の売れ筋商品が紹介されています。


ページのトップへ戻る