青汁の偽物に注意!

健康食品といえば最もポピュラーなものが青汁です。食物繊維を手軽に必要量摂取できることで人気ですが、そんな青汁にも偽物があり、選ぶうえで注意が必要です。

単に「青汁」と題しているだけの粗悪品を購入して、結果的に何の効果も得られなかったという結末にならないよう、メーカーの選定から青汁の製造過程までしっかりと調べておくことが大切です。

青汁を始めて購入する時は、原料や製造過程をそれほど気にせず購入に至る場合も少なくないと思うのですが、少なくとも栄養価や原料の製造国については確認しておくと良いでしょう。国産だから安全というわけではなく、原材料が輸入品で農薬が含まれているケースもあります。

偽物を偽物と見分けるには、幾つかのポイントを疑う必要があります。一つは産地、二つ目は原料が何であるか、三つ目はメーカーの信頼度です。産地については言うまでもなく国産である方が望ましいのですが、表記を書き換えている場合はこちらで見ぬくことはできません。

二つ目の原料については、明日葉やケールなど栄養価も高く青汁を作るものに適した原材料が使われていなければなりません。もしもそれらの原料に他の葉を使って混ぜ物などがされていると、根気よく飲み続けても一向に効果を感じられないということにもなります。こちらも自分で確かめることは難しいので、まずは飲み続けてみて効果があるかどうかを確認すると良いでしょう。

最後のメーカーの信頼度については、聞いたこともないようなメーカーの青汁は時流にのって青汁まがいの品を造っているだけのブランドである可能性も高く、製品を購入するのはやはりそれなりに知名度があるメーカーのものの方が安全といえます。
また、こちらのサイトでは伊勢丹で青汁を購入することが可能と紹介していました。

一流メーカーの商品は高額なイメージがあり、なんとなく敬遠したくもなるのですが、万が一効果が感じられなかったり製造過程や原材料に関する疑問が出た時も電話やメールのサポートなどで答えてくれたりとアフターサービスの質が良いのが特徴です。

あらかじめ良い製品を見分けるのは大変な作業ですが、粗悪品には十分注意して商品を選びたいところです。

ページのトップへ戻る