クマザサを使った青汁

健康食品として最もポピュラーなものの一つ「青汁」は、原料としてhttp://hoodscopesf.com/でも紹介されているケールや明日葉などが一般的に使用されています。
しかし最近では「クマザサ」という植物をはじめ、新しい原料を使用した青汁が次々と登場し注目を集めています。

クマザサは熊が冬眠を終えた時、一番最初に食べるとされる笹のことです。
元来北海道に自生する植物で、ミネラルがたくさん詰まっているので栄養価が高いことでも有名です。
その豊富な栄養素から健康維持のサポートになる食材であると言われています。
そんなクマザサを使用した青汁とは、一体どのような特長を備えているのでしょうか?

クマザサにはお肌に良いビタミンCや新陳代謝の機能をアップさせてくれるビタミンB群、骨を丈夫にするビタミンK、その他カルシウムや鉄分、ヒスチジンを除く必須アミノ酸が8種類と主要な栄養素がバランス良く含まれています。
ビタミンのもつ抗酸化作用などは、身体の細胞が酸化することによって生活習慣病やそれ以外の内臓疾患などの病気を事前に予防し、病気になりにくい身体を作ってくれます。

クマザサはそれ以外にもクロロフィル(葉緑素)と呼ばれる栄養素を備えています。
葉緑素は植物の色素のことで、胃や腸にはたらき弱っている部分を修復してくれるはたらきがあります。
暴飲暴食しがちな方や食べ物の好き嫌いが偏りがちな方は胃や腸が弱っていることがありますが、葉緑素をクマザサ青汁を通して摂取することによって正常な状態に戻すことが期待できるでしょう。

また、クマザサの中の多糖類は細胞膜の外側を修復してくれる効果があるので、ダメージを負ってしまった細胞もきれいになり、元通り細胞としての役割を果たせるようになります。
これによって、異常を起こしていた部分が良くなり、結果として免疫力の強い身体が出来上がります。

ガンや各部の炎症などは細胞がダメージを受けた結果として起こるものですから、身体の見えない部分まできれいにケアしてあげるためにも、クマザサはとても良い食材と言えるのです。
こちらのおすすめサイトでは、クマザサを原料とした美感青汁について紹介していました。
是非ご覧ください。

こちらのサイトhttp://xn--fswr23g.la/にも青汁の情報が盛りだくさんです。
是非ご覧ください。



↑こちらには青汁の三大原料であるケールと明日葉、大麦若葉の成分や効果について詳しく載っています。

自分にはどの原料が良いのか参考になりますので是非参考にしてください。

ページのトップへ戻る