効果的な調理法・アレンジ法

青汁は水に溶かして飲むという性質上、ジュースやスープに混ぜて摂取するのがもっとも味にクセがなく飲みやすいアレンジ方法といえます。飲み物はちょっと抵抗があるという人は、お料理のレシピに抹茶風味を足す気持ちで混ぜてしまえば、クセを感じず気軽に青汁が摂れます。
こちらにもフルーツがブレンドされた青汁の効果などが紹介されていました。
そして、青汁と相性が良いレシピを以下に挙げてみました。

  • シチュー
  • パスタ(クリーム系)
  • お茶漬け
  • 蕎麦
  • グラタン
  • スープ(豆乳や牛乳を使ったものが特に良い)
もとから青汁が含まれている青汁ラーメンという商品もあるみたいです。
こちらのラーメンは評判が良いですよ。

食べ物に混ぜる場合も、シチューや雑炊など汁気の多い食事に軽く混ぜるのが良いでしょう。全ての具を煮込んで最後に素を入れる直前に粉末タイプの青汁を溶かしこんで作ります。溶けずに塊が残ってしまうとざらざらとしていて美味しく感じられないので、スープでもシチューでも温まってから青汁の粉を入れて、しっかり溶かすようにします。粉末を入れる際には念のため、食物繊維の過剰摂取にならないように分量に気を付けましょう。

青汁と相性が良い味としては、豆乳や牛乳、きなこなどが合います。したがって、新しい調理法を考えるうえでもこれらの味をベースにしたお料理にすると良いでしょう。グラタンやパスタ、お茶漬けなどにしても青汁一つあるだけで食物繊維たっぷりの、コクのある味わいに変化します。

お蕎麦などは、元々和風の味わいにさらに抹茶風味が加わることで香り高く豊かな味わいに変化します。さらに、お蕎麦だけだと食物繊維が不足しがちなので、青汁が野菜代わりにもなってくれます。栄養面でも申し分のないメニューになりますね。

逆に、青汁とあまり相性が良くないのは柑橘系やトマトなど酸味のある食べ物です。どちらも味に主張があるため、混ざり合った時に張り合ってしまうからです。なので、酸味のあるメニューの時にはジュースやスープとして別に作るなどして工夫すると良いと思います。
炭水化物や油ものばかりで偏りがちな食生活に、野菜の栄養価をプラスしてくれる青汁をぜひ取り入れてみてください。
このサイトのグリーンスムージーと青汁の違いについての解説も、是非ご覧ください。

▼こちらには青汁の味が人気の商品ランキングがあります。

ページのトップへ戻る