青汁を手作りする方法

青汁は野菜をミキサーにかけたり、絞ったりすることで簡単に作ることができる飲み物です。青汁という言葉が出来る前は自宅で手作りする人が大半でしたが、実際手作りをすることのメリットは非常に新鮮な状態で、かつ味も自分好みにアレンジができるという点にあります。

青汁を手作りすれば完全にオリジナルで、かつ自分の口にあったものが出来上がるわけですが、自分で好きなものを作れるとなるとちょっと欲張って栄養価が高い野菜を色々と入れてみたくなるものです。

しかし、野菜に含まれる栄養素のうちビタミンやミネラルについては水溶性のもの以外はすべて排出されてしまうので、むやみに栄養価の高い野菜ばかりを使ってもあまり意味はありません。やはり青汁にもっとも向いているのはケールや小松菜、明日葉などの葉ですので、これらをベースにして作るのがベストといえます。

手作りする方法としては、もっとも簡単なものがミキサーを活用するやり方です。野菜だけをミキサーに入れても良いですが、ジュースにするなら果物を一緒に入れたり、牛乳や豆乳で割っても良いでしょう。青くさい味がまろやかになります。

青汁がペースト状になるまでしっかりとミキシングしたら、そのまま飲むか、ざらつきが嫌な場合は布で汁だけをこします。手作りの青汁は絞った瞬間が最も栄養価が高く、かつ新鮮で美味しいので出来るだけ時間をおかずにそのまま飲むようにしてください。

すり鉢に入れて手動ですりつぶしたり、あるいはジューサーに入れたりすることでも青汁は作れますが、その場合きめが粗い青汁になってしまいます。ブロッコリーなどのように固めの野菜を入れる場合はさらに時間がかかって力も要る作業になるので、出来るならミキサーを使用した方が効率が良いでしょう。

ハチミツを加えたり、バナナを入れて風味をつけたりとアレンジも自在な手作り青汁。飲用として使うことはもちろん、出来上がった青汁をさらにグラタンやシチューに混ぜるなどして使っても美味しく食べられそうですね。

こちらのサイトでは通販で購入できる青汁などについて詳しく解説していました。オススメサイトですので、ぜひご覧ください。

こちらではミス日本たちも愛飲している青汁が紹介されています。
美女たちも毎日欠かさず青汁を飲んで綺麗を維持しているので、みなさんも青汁を飲んで綺麗になりませんか?

ページのトップへ戻る