青汁に副作用はあるか

健康食品として人気の青汁ですが、天然の素材を使用しているとはいっても野菜をじっくりと咀嚼しながら食物繊維を摂りいれているわけではありません。一度に食物繊維を摂取して大丈夫なのか、副作用はないのかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

青汁には身体の中に溜まった老廃物を消化し、体外に排出する食物繊維が豊富に含まれています。そのため、用法や用量を守って口に入れる分にはまったく問題はないとされています。
もしも一日の必要量を超えて多量に飲んだ場合は消化酵素が過剰となり、お腹が緩くなったり下してしまう可能性もあります。人によっては決められた用量を守って飲んでもお腹が緩くなる場合がありますから、自分の体調をよく考えて飲むと良いと思います。

また、青汁は消化を助ける酵素が多く含まれています。そのため、たくさん飲めば身体の老廃物を全部出し切ってくれるのではないかと考えがちなのですが、消化する必要が無い栄養分なども一緒に消化してしまい、せっかく摂取した栄養が無駄になってしまうこともあります。
なので、青汁を飲む際にはそうしたリスクなどもよく考え、タイミングをみてから飲むのが良いでしょう。毎日着実に飲むようにして、代謝しやすい身体づくりを目指すのがベストです。少なくとも過剰摂取は避けるようにしたいものです。

普段からお薬を服用されている方については飲み過ぎ以外にも注意が必要です。ビタミンKを多く有するケールを使用した青汁を飲むと、ビタミンKがワーファリンの血液凝固を防ぐはたらきを弱めてしまう可能性があります。そのため、お薬の飲み合わせには十分な注意が必要です。

青汁に使用している野菜は、農薬か無農薬か前もってよく確認しておきましょう。農薬が含まれていると、吐き気・嘔吐・下痢などの症状が現れることがあります。青汁は健康のために長く飲み続けるものですから、心配な場合はメーカーに確認しておいても良いかもしれません。 また、こちらの青汁の種類もおすすめサイトです。
青汁には様々な効果があります。その一つに抜け毛を予防できるという働きがあります。
抜け毛の原因は食生活の乱れが大きく関わっているようなので、栄養満点な青汁を摂取することで防止できるというわけです。
こちらに頭皮トラブルの原因についてや抜け毛に効果的な育毛シャンプーや育毛剤のランキングのサイトがありますのでご覧ください。

ページのトップへ戻る